プロフィール

プロフィール

寺田 和子(てらだ かずこ)

ワンネス・コーチ
ワンネス・メディテーター
プラナディクシャギヴァー
ゴールデンオーブディクシャ・ギヴァー
チェインバー・ファシリテーター
上級ワンネス・トレーナー

 

1996年よりワンネス活動を始める。インドコースへの参加は通訳参加を含め30回ほど。

2006年ディクシャ会場としてワンネス☆彡スペースをスタート

2008年6月号「国際グラフ」にて、俳優の清水省吾さんと対談。

2008年11月、ラジオ番組シブヤFM「サンデー・ブランチ」に出演。

2010年6月、著書「成功したければ、自分を変えるな!」を出版し、アマゾンビジネス部門、自己啓発部門2位を獲得。
著書はタイ語と中国語に翻訳される。

2010年7月、七夕1000人イベントの主催者の一人を務める。

2010年9月、ラジオ番組シブヤFM「PIN・UP」に出演。

2010年10月、「週刊ポスト」、「テレビライフ」に著書が掲載される。その他、各雑誌、都営大江戸線ステッカーに掲載。

2011年1月、ワンネス・ユニバーシティのディープニングプロセス1週・2週に通訳として参加。2011年6月、ディープニングプロセス3週・4週に通訳として参加。

2011年10月、定員560人のワンネス・バクティヨガ1「ワンネス・セレブレーション」の呼びかけ人を務める。

2012年2月、日本で最初の、6人のワンネス・メディテーターの1人に選ばれる。(現在、メディテーターは8人)

2012年11月、タイ・バンコクのスワンソン大学にて、講演会を行う。
日本各地でも講演会を行う。

2012年11~12月、ワンネス・ユニバーシティのスペシャル・ディープニング・プロセス(1ヶ月間)に参加し、ワンネス・ユニバーシティより公式にアウェイクニングの認定を受ける。

2013年9月、ワンネス・ユニバーシティ初の上級トレーナーコースに参加。上級トレーナーとなる。

2014年1月~2月、ワンネス・ユニバーシティのワンネス108コースに参加。ワンネス108コースには、Foundation Course、Advanced Course、Deepening Course の3つのコースがあり、全てに参加。
同年2月、sacred Chamberのトレーニングコースに参加。

2014年2月、世界初、日本で唯一のワンネスコーチとなる(2014年3月現在)

2014年12月、ワンネス・ユニバーシティのコース、 A JOURNEY INTO THE DIVINE(1ヶ月間)に参加。

2015年7月、ワンネス・ユニバーシティのパーソナルコースに参加。

2015年9月、ワンネス・ユニバーシティのワンネスパートナーズ18年の旅第二ステージに参加。

2015年11月、ワンネス・ユニバーシティのTHE PHENOMENON AND THE BOON『 現象と賜り物 』 ~内なる可能性をひらく~に通訳サポートとして参加。

2016年6月、ワンネス・ユニバーシティのGolden Age Partner Courseの1st stageに参加。

2016年7月、ワンネス・ユニバーシティのGolden Age Partner CourseのFamily Eventに参加。

2016年8月、ワンネス・ユニバーシティのGolden Age Partner Courseの2nd stageに参加。その後、引き続き、Golden Age Partner Course 1 stageの通訳として参加。

2016年9月、東京ウォーカータイアップの、学びウォーカー2016年10月号に掲載

2017年1月、学びウォーカー2017年1月号に掲載

2017年3月、sacred roomの3日間プロセス、Golden Age Partner Course 3 stageに参加。

2017年3月、東京ウォーカータイアップの、学びウォーカー2017年4月号に掲載

2017年4月、現象と賜り物ベーシックコースに参加。

2017年5月、現象と賜り物アドヴァンスコースに参加。

2017年6月、Golden Age Partner Course 1 stageの通訳として参加。

2017年9月~10月、Golden Age Partner Course 4 stageに参加。sacred roomの3日間プロセス。

2018年1月、Ekam(旧oneness temple)のオープニングに通訳として参加。

 

 

現在、ワンネス・コーチ・コース、sacred chamber process、ワンネス・メディテーション、ワンネス・アウェイクニングコース、ワンネス・ディクシャ会、など開催している。

 

小学生のころから、ヨガやチャクラなどに興味を持ち、取り組み始めました。

ヨガは、今までにインド、日本、チリ、アメリカのヨギ数人に師事しました。

17歳のアメリカ留学中の極孤独な時期に自分を守り導いてくれる神(ハイヤーセルフ)を実感し、19歳のときに7日間断食を2度行い、「全てはあるがままで完璧である。人生に目的はない。生きていることそれ自体がゴールである。」との認識を得ました。

19歳のときはじめてインドのリシケシなどの聖地を訪れ、それから何度もインドに足を運び、聖者、アユールヴェーダの医師などを訪れています。また食事もベジタリアンになりました。

1996年にインドの聖者カルキ・バガヴァンに出会いました。自分の19歳のときの体験と理解に一致した教えと、“人類を苦しみから解放する”という大プロジェクトに賛同しました。

その後は何度もバガヴァンの主催するコースやイベントに参加しました。
2003年に人々の意識を高めるためのエネルギーワーク、ワンネス・ディクシャが紹介され、2005年にインドの21日間コースに参加し、ディクシャを与えることが出来るようになりました。

2012年、日本で初めてのワンネス・メディテーターの一人に選ばれ、強力なアイディクシャを用いたワンネス・メディテーションを世界各地で行い、人と神(ハイヤーセルフ)のかけ橋となっています。
  
現在では、日本人唯一のワンネスコーチとして活動させていただいております。


FBページ:Spiritual Journey with Kazuko Terada https://www.facebook.com/oneness.space